看護師転職-看護師が託児所のある病院で働きたい場合は

看護師さんのお仕事をおやすみしている人の中には、結婚や出産がきっかけという人もいるかもしれません。そして、出産後の授乳期間が終わった頃に、再就職を考えている人もいるでしょう。ですが特に都市部などは小さなお子さんを保育園に預けるのが難しい、というのが現状です。

上記のようなケースでは、託児所を持っている病院を探してみるのもオススメです。託児所のある病院の中には、一日中お子さんを預かってくれるケースもあります。

小さなお子さんがいるから夜勤は難しいな、と考えていたママさん看護師には助かりますよね。お子さんを抱えていると日勤オンリーになってしまうため、肩身の狭い思いをしながら勤務していた看護師さんもいるでしょう。

最近では上記のような病院は、徐々に増加しつつあります。小さなお子さんがいる看護師さんでも、家事や育児、仕事の両立を目指す人が増えているからです。とはいえご自分の住む地域にもあるかどうかというのは、まだ少し難しいかもしれませんね。

もしも託児所を持った病院がお住まいの地域にないケースでは、通勤に時間がかかることも考えなくてはいけません。

ところで、このような託児所月の病院をどのように探すかというと、看護師専用の転職サイトを利用するのもひとつの手でしょう。そもそも看護師転職サイトというのは、現在ネット上にたくさんあります。

出来るだけご自分が利用しやすそうなサイトを探してみてください。看護師専用の転職サイトが見つかったら、「なるべく近くの託児所付きの病院を希望している」ということを、担当してくれているコンサルタントに伝えます。

そうすることで、お住まいの地域に比較的近い、託児所付き病院の求人が出た時に、すぐに連絡してもらえるでしょう。

看護師専用の転職サイトというのは、グーグルなどの検索サーチに打ち込むだけで、簡単に見つけることが可能です。エントリーすることで、非公開求人なども確認することができます。

転職サイトごとに登録されている求人内容や、求人数は異なりますが、求人情報の多いところにエントリーすることで、託児所付きの病院も見つかる可能性は高いです。ひとつではなく、いくつかの転職サイトにエントリーするのがオススメです。

准看護師と正看護師の異なる部分

医療施設などで看護を行う職業には、二種類の職業があります。看護師さんと准看護師さんです。同じ「看護師」が付きますが別々の資格の職業です。

看護師資格というのは国家資格になりますが、准看護師のケースでは国家ではなく都道府県知事資格となっています。都道府県知事資格というのは、各自治体で行われる知事試験をクリアすることで、試験に受かった都道府県知事から資格を受け取れる、という形のものです。

もちろん看護師だけではなく、准看護師を目指すにも、決められた学校で専門的な教育と実習を行う必要があります。指定された学校を卒業するか、卒業見込み資格を貰えた人だけ、准看護師試験を受けることができるのです。

准看護師の場合は養成教育に2、3年、看護師の場合は3年から5年ほど必要になるようですが、選んだ方法によって期間は変わってきます。

もしも中学卒業後に看護衛生課のある高等学校に進んだとすると、3年間の教育を受けることで循環後試験の受験資格を手にすることができますし、高校卒業後に准看護師になるための専門学校に進んだ場合は、2年間の教育を経て准看護師の受験資格を手にすることになります。

このように選んだルートによって、准看護師になれる年齢も、掛かる年数も異なるので、自分がいつ准看護師として勤務し始めたいかを考えながら、准看護師を目指していってください。

准看護師から看護師へとステップアップする人もいます。実務経験を3年以上持っている准看護師さんは、看護士養成学校入学のための試験資格を手にできますし、10年以上実務経験を持っている准看護師さんであれば看護士養成教育を通信教育で学べるようにもなりました。

看護師というのは医師から受けた指示を元に医療看護を実践しますし、看護師本人の考えで医療行為に臨むこともあります。方や准看護師さんの場合は、お医者さまや看護師さんから受けた指示に従って、医療や看護行為を進めていくわけです。

実際の看護師と准看護師の業務内容には特に大きな違いは見られませんが、国家資格のある看護師とそうではない准看護師の給与面ではどうしても違いが出てしまうことが多いです。

今後看護師長などの役職を目指すのであれば、准看護師さんの場合はまず看護師を目指す必要があります。准看護師で頑張るという方も、待遇に差のない職場探しをするのもひとつの手です。准看護師に特化して転職サイトなどを活用して、自分の希望に近い職場を探してみてください。

准看護師が行える医療行為について

准看護師が出来る医療行為にはどのようなものがあるかご存知ですか?通常准看護師はお医者さまや看護師さんの指示を仰ぎながら、医療行為を行っていきます。

患者さんの健康チェックや薬に関わる指導や管理などは、病棟でも外来でも共通している業務です。体に関する健康だけではなく、心のケアなども、准看護師に課せられた仕事となります。

よく聞く言葉ですが、「病は気から」なんて言葉もある位メンタルの状態によっては、病気やケガの回復にも大きな影響を及ぼすからです。患者さんや患者さんの心のケアも、大事な准看護師の業務だと言えるでしょう。

治療や処置、診療に関しては、お医者さまのサポートを行います。治療中に必要となる、包帯の交換や、湿布の張り替えなどの比較的軽度な処置も、准看護師の大切な医療行為です。

検査前の医療器具の準備や、ケースバイケースで医療器具の捜査を行ったり、患者さんが検査を行う際には着替えなどの準備やサポート業務も行います。血液検査をする際には、注射も行いますし、点滴や、血圧測定、体温や身体検束に、カルテの準備や片付けなども准看護師の仕事です。

病棟では准看護師や他のスタッフたちが連携をとって進めていく医療行為に、患者さんの清拭作業やベッドへ移動する際の作業などがあります。

外科手術に関わることはお医者さまの携わる高度な医療行為になりますが、通常は看護師が行う看護行為と同じことが、准看護師も課せられた仕事となります。基本的にはお医者さまや看護師の指示を受けて業務に当たる、とありますが、看護師と准看護師の業務内容はほとんど変わりがないのです。

看護師と同じ業務をこなしているのであれば、待遇だって看護師並の求めたいのが、准看護師さんの本当の気持ちではないでしょうか。看護師さんと准看護師さんでは待遇が違うことも多いですが、中には同じ待遇での求人も存在しています。

ですが持っている資格が国家資格か否かということも未だに大きく、待遇に差が出てしまっているのも現状です。そして准看護師求人というのは、勤務先によって格差が大きいケースも多く見られます。

例えば病院の診療科目や、医療施設は准看護師にどんな医療行為を求めるかによっても、お給料は変わって来ますので、転職する際はしっかりと見極めることが重要です。准看護師求人をターゲットにして扱っているような転職サイトをにエントリーし、自分にぴったりの転職先を探すのがオススメでしょう。

ぜひ自分の求める医療行為の出来る医療施設を見つけ、のびのびと活躍してください。

准看護師の就職と転職について

准看護師さんが就職や転職を考えた時、求人に関してはそんなに心配になることはありません。もう何年も看護業界での人員不足は続いているため、准看護師という職業も売り手市場と言えるようです。

看護師と准看護師の業務内容に殆ど差はありませんが、給与面では一割ほど准看護師の方が抑え気味になっていることが多いため、言葉は悪いですが医療施設の経営者的には、准看護師をより効果的に採用したいと考えています。

准看護師さんサイドからすると、それでは困りますよね。とはいえ国家試験をパスした看護師さんと、都道府県知事資格の准看護師さんではどうしても資格に差がついてしまうのも現状です。

また看護師と比較すると、准看護師の方が短期間で教育が終了しているということもあり、待遇に関しては理不尽に感じながらも我慢しなければいけない部分もあります。

准看護師さんとして働いている方の中には、ご家庭の都合や自らの希望で、なるべく早く自立して仕事をしたい、医療現場に立ち会いたいと考え、准看護師という職業を選んだ方も多いと思います。

またいずれステップアップして、看護師を目指したい、と思っている人もいるかもしれません。しっかりとした将来の展望を持っている人は、自分の希望にあった職場を探し、働きぶりにあった待遇で勤務したいと願っているのではないでしょうか。

ただし、ひとりで転職先を探すのはなかなか難しいことです。自分を表現するのが苦手な方もいるでしょう。相場よりももっと低い待遇になってしまう可能性もあります。

このように、准看護師さんが就職する際や転職を考えた時には、准看護師専門の就職、転職会社にエントリーしてみてください。専門のコンサルタントが、就職、転職希望の准看護師さんにぴったりの職場探しを手伝ってくれます。自分ではわからなかった長所や、ポテンシャルを引き出してくれることも多いです。

准看護師さんたちが考えている以上に、准看護師さんを求める声は大きいと言えます。需要と供給がマッチした職場で働くことができれば、雇用した医療機関再度も、就職、転職した准看護師さんサイドも、どちらも納得した結果になるのでは、と思うのです。

雇用内容というものは、求人選びや雇用側との交渉の仕方ひとつで大きな差が出てしまいやすいものです。就職、転職会社を活用することによって、准看護師の一般的な待遇よりも良い待遇で、就職や転職を行えるかもしれません。

このページの先頭へ